ウェアレベリングとは

ウェアレベリングとは

この記事で紹介している製品

ウェアレベリングとは

毎回同じアドレスにデータを書き続けるとNANDは上書きができないため、Eraseして空きブロックにしてからデータを書き込みます。

ところで、NANDには書込み可能回数に上限があります。
特定のアドレスだけ書き換えが進むと、いずれそのブロックは書き換え回数の寿命を迎え、使用できなくなります。

これ以上書き込むことができなくなったブロックは、代替え領域から代替えのブロックと置き換わります。
代替え領域は有限であるため、これが尽きるとこれ以上データが書き込めないため、SSD自体が使用できなくなります。

まだ使える部分があるのに、もったいないですよね。
そのため、全領域を使って書き換え回数の寿命まできっちり使えるよう書き込みの平準化を行います。
これをウェアレベリングと呼びます。

ウェアレベリングは2種類あり、状況に応じて使い分けます。
ダイナミックウェアレベリング:
 空きブロックの中で書込み回数が少ないブロックを優先して書き込みます。
スタティックウェアレベリング:
 書込み回数の多いブロックと少ないブロックのデータを入れ替えます。

他社商標について
記事中には登録商標マークを明記しておりませんが、記事に掲載されている会社名および製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。

記事内容について
この記事の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらよりお願いします。