インフラ インフラストラクチャー

鉄道などの交通機関システムでは、設備保守・安全管理・さまざまなサービスなどでIoTの活用、取り組みがはじまっています。公共交通機関に求められる安全性の担保や、機関利用者の満足度を高めることを目的としています。
監視カメラから取得した画像情報やセンサーの情報を活用して、これまでになかったサービスの構築、自動化、省人化が実現されていきます。
その背景として、過疎地での人員不足、少子高齢化、車の自動運転に対する課題などが存在し、社会の変化に合わせた基幹システムの構築が必要とされています。
ハギワラソリューションズでは、駅務端末や電車やバスのサイネージに搭載されるSSDを採用頂いています。SSDには、OSや機器のシステムが格納されるため高信頼性が求められます。また、万が一のトラブルの際のサポート体制に加え、さまざまなカスタマイズも必要な要素です。
産業用SSD

産業用SSD各種

2.5inch・M.2・CFast・m-SATA等
また、SSDだけではなくIoTシステムの構築に活用頂けるソリューションの提供を開始しています。
踏切内などの危険エリアへの進入検知などに活用可能な物体検出は、AI技術を応用したソフトウェアと産業用コンピュータをシステム構築したパッケージ製品などソリューション型製品の開発・販売もおこなっています。
産業用SSD

Capture Vision

AI技術を応用し物体検出の推論に特化することで、PCシステム単体でカメラからのライブ画像や記録された動画ファイルなどの映像コンテンツから画像解析を可能にするシステムです。
※ このページに記載されている会社名/製品名は各社の登録商標または商標です。