製品情報

セキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリ

セキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリ

USB3.0版対応
セキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリ

パスワードロック・ハードウェア暗号化・ウイルスチェックなど様々なセキュリティー機能を搭載し、ビジネスにおけるセキュリティー保護に有効なUSBフラッシュメモリです。USB3.0規格に対応しておりスピーディーかつ安全にデータ転送が可能です。

パスワードロック機能

ユーザーデータを保存する領域にアクセスするには、パスワード認証が必要です。 紛失・盗難でUSBメモリを紛失してもパスワードが分からなければデータにアクセスできません。
「書き込み禁止で使用する」にチェックを入れるとリムーバブルディスク領域は読み取り専用になり、 データの誤消去やウイルス感染を防止できます。*1

パスワードロック機能
  • ソフトウェアのインストール不要
  • 制限ユーザーでも利用可能
  • Mac OSにも対応しています*2
  • パスワードロック機能を無効化することも可能です。
    パスワードロック機能を無効にすれば入力装置がない専用装置での利用が可能。*3
    CD-ROMのオートランが有効になっていれば、自動的にウイルススキャン機能が起動します。
    パスワードロック機能を無効化
    *1 書込み禁止設定の場合、ウイルスチェック機能は動作しません。
    *2 Mac OS 10.4~10.9対応
    *2 ウイルス対策機能は動作しません。
    *2 ソフトウェア自動アップデート、ログ機能、autorun.inf削除機能、コピーガード機能、
     オプション機能と管理者用ソフトウェアの一部の機能は動作しません。
    *3 管理者用ソフト「SecurityUSB Manager」で設定できます。
    *3 パスワード入力画面は表示されません。
    *3 リムーバブルディスク領域は常にアクセスできる状態です。
    ハードウェア暗号化
    書き込まれるデータはすべて「AES256bitで強制暗号化」されます。

    ・暗号化せずにデータを書き込める領域は存在しません
    ・暗号化機能を無効にすることはできません
    ・分解されてもデータは暗号化されているので安心です

    ハードウェア暗号化
    誰でも直観的に使用できる「ソフトウェアの自動実行」
    特許技術により、PCに接続すると自動的にパスワード認証画面が起動(オートラン)。
    誰でも直感的に使用することができます。
    Windows7ではリムーバブルディスクからのオートランが禁止されているため、従来製品はパスワード認証ソフトをダブルクリックして起動させる手間が発生します。 また、無理にオートランさせようとすると、オートランさせたいパソコンにソフトをインストールする必要があり手間が発生します。*1
    ソフトウェアの自動実行
    *1 ※CD-ROMからのオートラン設定が有効になっている必要があります。
    ウイルスチェック機能
    USBメモリに書き込まれるデータをすべてウイルスチェック

    トレンドマイクロエディションとマカフィーエディションを用意。
    企業様が導入されているウイルス対策ソフトと同じスキャンエンジンを選択することができます。

    ウイルスチェック機能
    トレンドマイクロエディション
    データを書き込む時に ウイルスチェック。 ウイルス感染ファイルをUSBメモリ本体に隔離します。(システムトレーから隔離結果を表示し、隔離フォルダから戻すか削除するかを選択します。)
    トレンドマイクロエディション
    マカフィーエディション
    データを書き込む時に ウイルスチェック。 ウイルス感染ファイルを削除します。(ウイルス感染ファイルはUSBメモリに保存されません。)
    マカフィーエディション
    ※ トレンドマイクロ エディション補足:ウイルスバスターコーポレートエディション10.6/11.0からのウイルス定義ファイル更新が可能です。
    ※ マカフィー エディション 補足:McAfee VirusScan Enterprise 8.8からウイルス定義ファイル更新が可能です(管理者用ソフトによる設定が必要です)。
    ※ 上記のインストール型ウイルス対策ソフトからのウイルス定義ファイル更新は、セキュリティUSBのライセンス期間内のみ対応可能です。
    Autorun.infファイル対策機能
    全モデルにAutorun.inf対策機能を搭載しています。
    プロセススキャン機能(マカフィー/シマンテック エディションのみ)

    ウイルススキャンプログラム起動時にPC側で動作しているプロセスをスキャンする機能です。

    ウイルス感染しているプロセスがある場合にメッセージを表示します。

    プロセススキャン機能
  • USBメモリ本体がウイルス感染するリスクを軽減できます。
  • プロセススキャンの結果はログとして保存されるので、管理者はウイルス対策が必要な端末情報を入手することができます。
  • ハードウェア保証期間も同時に延長できる「ライセンス延長パック」をラインナップ
    ライセンス期間が1年/3年/5年の製品をラインナップ。
    「ライセンス延長パック」でライセンス期間の延長が可能です。
    ※ライセンス期間3年/5年の製品はハードウェア保証期間も3年/5年となります。
    その他の機能
    ソフトウェア自動アップデート
    ソフトウェアのアップデートがあるかウイルス定義ファイルをダウンロードする時にチェック。
    最新のソフトウェアがあれば自動でアップデートできます。
    (ホームページにアクセスし、別途ダウンロードする必要はありません。)
    情報漏洩対策ソリューションの特殊フォーマットに対応
    ・リムーバブルディスク領域に特殊なフォーマットをかけることができます。 ・外部デバイスを特殊フォーマットして情報漏洩を防止するソリューションでも安心して使うことができます(事前評価をお願いします)。
    ストラップホール/スライド式ケース

    ・ストラップ/名札を取り付けることでデバイス管理が容易になります。
    ・キャップレス(スライド式ケース)なのでキャップ紛失の心配がありません。

    ストラップホール/スライド式ケース
    製品カテゴリー
    SSD
    メモリーカード
    USBメモリ
    セキュリティ製品
    メモリモジュール
    • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ