2019/04/09  
  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ

セキュアIoTゲートウェイの参考出展

ハギワラソリューションズ株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:葉田順治)は、ネットワークに接続されるシステムに対するサーバー攻撃を受けても安全な状態でシステムを動作させるための機能を搭載した「セキュアIoTゲートウェイ」を開発しました。
4月10日~12日に東京ビックサイトで開催される展示会「Japan IT Week 2019 IoT/M2M展【春】」組込みシステム開発技術展の当社ブースにおいて動作デモ展示を行います。

  • 製品概要
    本製品は、IoTシステムに対してマルウェア等のサイバー攻撃の事例が増える中、この攻撃に対する耐性を備えたIoTゲートウェイです。
    当社が開発したセキュアドライブ(暗号ドライブ)とインサイトインターナショナル株式会社(以下、インサイト)が開発したセキュリティソフトウェアを組み合わせることにより、安全にソフトウェアを動作させることができるプラットフォームを提供し、データをサーバーに送るという重要な役割を持つゲートウェイが安定して動作するという役割を可能としています。
    以下の機能を実現することにより、セキュアな環境を提供しています。
    ハードウェアおよびファームウェアを最適化することで、社会インフラや製造現場で使用されるシステム機器で要求される高い耐久性と、システムに必要なOSやアプリケーションソフトウェア、データを長期間保持する高い信頼性とを備えていることが特長で、さまざまな環境下でもデータ破損を防ぎ、システムの稼働を保持するために必要な機能を搭載しています。

    ●改ざん検知機能:
    インサイトが開発したソフトウェアをゲートウェイに組み込むことで、予め対象となるファイルのハッシュ値を計算(計測)して期待値として保管しておき、システム起動(ブート)時点で計測した値が期待値と一致するか照合(検証)をします。一致しない場合は、アプリケーションの起動を停止することでシステムが改ざんされたまま動作することを防ぎます。

    ●データリカバリー機能:
    改ざんを検知した場合、予め保存してあるバックアップからデータをリカバリーし、システムを復旧させることができます。システムの復旧については、管理者の意向により手動で復旧するか自動で復旧するかを設定することができます。



    ●ネットワーク接続機器の改ざん検知機能:
    本製品に組み込まれているOSやソフトウェアの改ざんの有無を起動時にチェックするだけでなく、ゲートウェイである本製品に接続されている機器に組み込まれているソフトウェアについても改ざんの有無をチェックすることが可能です。



    上記の機能は、起動時だけでなくシステムが稼働している状態でも定期的にチェックすることもできます。この機能により、常時安全な状態でシステムを動作させることが可能となります。
  • アプリケーション例
    ・工場などの生産現場
    ・オフィス
    ・小規模店舗
    ・複数のデバイス(センサー等)とIoTゲートウェイを組み合わせて使用するIoTシステム全般
ハギワラソリューションズ株式会社はエレコム株式会社のグループ会社です。
このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る