2019/04/04  
  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ

ポータブル・オールフラッシュ・ストレージサーバーを参考出展

ハギワラソリューションズ株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:葉田順治)は、高速な並列処理及びデータ保存を可能とする「ポータブル・オールフラッシュ・ストレージサーバー」を4月10日~12日に東京ビックサイトで開催される展示会「Japan IT Week 2019 IoT/M2M展【春】」の当社ブースにおいて参考出展、動作デモ展示を行います。

  • 製品概要
    本製品は、シングルソケットAMD EPYCTMを搭載し、コンパクトな筐体と本体上部に取り付けられたハンドルで容易に持ち運びが可能なポータブル・オールフラッシュ・ストレージサーバ(ワークステーション)です。
    AMD EPYCTMの128レーンのPCIeにより、高密度のNVMeストレージ・ソリューションをコンパクトに実現。ホットスワップ対応M.2 NVMe SSDベイを24個搭載し、2TB M.2 SSDを24台実装した場合、最大48TBの大容量で高速なデータ転送を実現します。
    M.2 SSDベイの前面にはロック可能なカバーを取り付けることができ、さらにはCRPS電源モジュールやFANモジュール(前面及び背面)もホットスワップで本体カバーを開けることなく交換可能です。

    本製品は、その高速なパフォーマンス性能を複数の高画素カメラを接続して高速な画像解析を必要とする画像検査装置や、自動運転の実験車両に搭載しセンサーやカメラからの高速かつ大容量のデータを取り込み処理記録するログ収集、ディープラーニングの用途に最適です。

主な仕様

プロセッサ シングルソケットAMD EPYC™ (TDP最大180W, Socket SP3)
ドライブベイ ホットスワップ対応 M.2 NVMe ドライブベイ x 24
内蔵2.5” SATA ドライブ(OSドライブ) x 2
RAM 最大256GB(DDR4 ECC RDIMM×16slot)
拡張スロット GPUボード、10GbE NIC等をオプション搭載可能
外形寸法 W 177mm x H 380mm x D 400mm
電源 1+1 800W CRPS(Common Redundant Power Supply)

 

  • 最大転送レート
    ・シーケンシャルリード:最大約36GB/secのスループット
    ・IOPS:374,000(4KB)
    ※備考:
    ・搭載するM.2 SSDのパフォーマンスに依存します。
    ・当社測定環境(OS:CentOS 7.4/fio testで測定)での測定結果であり、実際のアプリケーションや使用環境に依存します。
  • アプリケーション例
    ・製造ラインでの画像検査装置
    ・データ収集の用途
    ・自動運転実験車両でのログ収集
    ・パブリック・ビューイング
    ・画像編集
ハギワラソリューションズ株式会社はエレコム株式会社のグループ会社です。
このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る