ダウンロード

セキュリティUSBメモリ初期化ツール兼アップデートソフト

McAfeeエディション専用 2015年 2月 19日(木)公開版


       
サイト更新日時

2015年2月19日(木)

対象製品

USB3.0モデル

HUD-PUVM3Aシリーズ (製品型番:HUD-PUVM3**GA#)
HUD-PUVM3Mシリーズ (製品型番:HUD-PUVM3**GM#)
USB2.0モデル

HUD-PUVMAシリーズ (製品型番:HUD-PUVM**GA#)
HUD-PUVMMシリーズ (製品型番:HUD-PUVM**GM#)


**:メモリ容量(02/04/08/16/32)2GB~32GB
# :ライセンス年数(1/3/5)1年、3年、5年の3種類のライセンス設定

本ソフトウェアの概要

本ソフトウェアは、セキュリティUSBメモリ(McAfeeエディション)に搭載されているソフトウェアのアップデート(初期化)を行うためのものです。
    
※McAfeeエディション専用のソフトウェアとなります。          

アップデート後のソフトウェアバージョン

Ver.380

アップデート内容

 ・McAfee Anti-Malware Engine 5700のサポート
 ・Windows2000のサポート終了
 ・その他バグ修正

※ McAfee Anti-Malware Engine 5700はWindows2000上では動作しない仕様となっております。
 (Windows2000上ではウイルスチェック機能が動作しません。)
    
    
本ソフトウェアの動作環境
 USBインターフェース
  USB1.1(Full Speed)/USB 2.0(High Speed/Full Speed)

 動作環境(*1 *2)
 ・USBインターフェースを標準搭載したDOS/V機器
 ・物理空きメモリ-容量512MB以上
 ・CD-ROMドライブが認識されること

 対応OS
 ・Windows XP (SP2/SP3)
 ・Windows Vista (SP2)
 ・Windows 7
 ・Windows 8
 ・Windows 8.1

 対応ユーザアカウント
 コンピュータの管理者(Administrator)


*1 :拡張ボードで増設したUSBインターフェースには対応していません。
*2 :USB Mass Storage Classドライバ、CD-ROMドライバがあらかじめ組み込まれている必要があります。

アップデート(初期化)手順

※ご注意

管理者権限のPCでのみ実行が可能です。
万が一に備え、アップデート(初期化)を行なう前に対象セキュリティUSBメモリ内のデータやログデータをバックアップしてください。

① 下記よりアップデートソフトウェアをダウンロードします。
  
USB2.0モデル USB3.0モデル
HUD-PUVMAシリーズ
(スタンダードモデル)
HUD-PUVM3Aシリーズ
(スタンダードモデル)
HUD-PUVMMシリーズ
(管理者用ソフト対応モデル)
HUD-PUVM3Mシリーズ
(管理者用ソフト対応モデル)

※対象セキュリティUSBメモリのモデルによってアップデートソフトウェアが異なります。
 お手元の対象セキュリティUSBメモリの型番を確認の上、ダウンロードをお願いします。


② ダウンロードしたZIP形式の圧縮ファイルを、右クリックして[すべて展開] から解凍いただくか、
市販ソフトで解凍してください。


③ 対象のセキュリティUSBをPCに接続します。
  ※ パスワード認証画面が自動起動した場合は閉じてください。


④ ②で解凍したファイル「SoftwareWriter.exe」をダブルクリックして実行してください。


⑤ 下記の画面で注意事項をよくお読みの上、[OK]をクリックしてください。
ソフトウェアのアップデートが開始されます。


⑥ 画面の指示に従ってアップデートの処理を進めていくと下記のアップデート完了画面が表示されます。[OK]をクリックして対象のセキュリティUSBをPCから取り外してください。 


⑦ 以上でソフトウェアのアップデートは完了です。


  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ