2015.12.17 

セキュリティ対策機能付USBメモリ用 管理者用ソフトウェア
「セキュリティUSBマネージャー」 ソフトウェアアップデートのご案内

弊社製品をご愛用頂き、誠にありがとうございます。 このたび、セキュリティ機能付きUSBメモリの管理者用ソフトウェア「セキュリティUSBマネージャー」のソフトウェアアップデートを 行う運びとなりましたので、下記の通りお知らせいたします。

機能追加の他、品質改善に関する内容を含むため、必ず最新バージョンへのアップデートをお願い致します。
今後とも弊社製品をご愛顧頂きます様、よろしくお願い申し上げます。

■アップデート公開日:

2015年12月下旬より順次
※インターネット経由の自動アップデートが有効となります。

■アップデート対象製品:

製品名:セキュリティ機能付USBメモリ管理者用ソフトウェア
       「セキュリティUSBマネージャー」

製品型番:HUD-SUMA

■アップデート対象製品:

<アップデート後のバージョン>

Ver.427

<アップデート内容>

・ Windows10への対応(*1)
・ 番号による遠隔データレスキュー機能/設定の追加
・ 認証キーを削除、変更できない設定の追加
・ 実行制限機能の条件設定にIPアドレス/MACアドレス/ドメイン/ワークグループを追加し、「AND+OR方式」に対応
・ コピーガード機能の条件設定にファイル、フォルダ、レジストリキーIPアドレス/ドメイン/ワークグループを追加し「AND」、「OR」、「AND+OR」方式に対応。
・ コピーガードの設定を「セキュリティUSBマネージャー」上から行うことができるように変更。※IC Managerが本バージョンから無くなります。
・ パスワード解除後に開くリムーバブルディスク画面を自動的に閉じる設定を追加
・ ユーザへ通知せず自動でソフトウェア・アップデートする設定の追加
・ ソフトウェア・アップデートのプロキシ設定を追加
・ 使用OS制限機能にWindows10,WindowsServer2012,WindowsServer2012R2を追加
・ ファイル操作ログ取得設定の追加
・ オプションのログ集中管理サーバーソフト「Info Banker」にファイル操作ログを送信する機能を追加
・ 「Info Banker」との連携による遠隔ファイル消去、使用停止機能に対応
・ 上記アップデートにともなうユーザーインタフェースの変更
・ その他バグ修正


(*1)コピーガード機能のWindows10対応は2016年春を予定しております。


<アップデート方法>

インターネットに繋がっているPCでセキュリティUSBマネージャーを 起動すると新バージョンの案内画面が表示されますので、画面の指示 に従ってアップデートを行ってください。
または、セキュリティUSBマネージャーを起動し、ツールバーのファイル にある「製品アップデート」をクリックしてください。

■お問い合わせ先:

本件に関するお問い合わせは、以下までお願い致します。
TEL:0570-080-900 (ナビダイヤル)
受付時間 9:00~19:00(年中無休)

■セキュリティUSB ユーザー登録ページ:

https://www.hagisol.co.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=registration_form2


注意:当サイト内容を予告なく変更する場合があります。


このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
 
▲ページTOPへ戻る

  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ