2017/5/9  
  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ

<情報更新のお知らせ> 2017.10.10

2017年5月9日に公開いたしました本リリースについて、下記のように更新させていただきます。

【更新内容】
スケジュールを更新致しました。2017年10月12日より正式サービスを開始をしております。
詳しくはこちらをご確認ください。

<情報更新のお知らせ> 2017.7.10

2017年5月9日に公開いたしました本リリースについて、下記のように更新させていただきます。

【更新内容】
スケジュールを更新致しました。2017年7月10日から評価版申し込みを開始しております。
お申込みはこちらからお願いいたします。

セキュリティUSBメモリやウイルスチェックツールの
クラウド型運用管理サービス
「クラウド型INFO BANKER」の提供を開始

ハギワラソリューションズ株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:葉田順治)は、セキュリティUSBメモリやウイルスチェックツールといった対象デバイスのログデータを収集し、管理者の運用をサポートするクラウド型サービス「クラウド型INFO BANKER(インフォ バンカー)」の提供を、2017年6月末より開始いたします。

クラウド型INFO BANKER(インフォ バンカー)」は、好評発売中の「オンプレミス型INFO BANKER」をクラウド対応版にした運用管理サービスです。オンプレミス型を導入するには、サーバーの導入費用や管理費用などのコストが大きな負担となることがあります。それに対して新発売の「クラウド型INFO BANKER」は、サーバーなどのシステム構築や管理が不要で、導入費用と運用費用を抑えることができ、コストの課題を解決できます。
また、管理対象となるデバイスの数で費用が決まるライセンス方式なので、企業規模を問わないだけでなく、予算等の関係から重要度の高いデバイスから管理を始めたいなど、少ない台数によるスモールスタートも可能にします。
このほか、クラウド型にすることで、オンプレミス型では実現が困難であった、国内外の拠点や関連会社で使用している対象デバイスの管理や、対象デバイスの遠隔利用停止設定などの機能を実現することがができ、クラウドサーバーへのアクセスは、インターネットに接続できる既存のPCやタブレットのブラウザ経由となるので、オンプレミス型より導入が容易で機能も充実しています。

収集できるログや情報は、対象デバイスを使用した端末の各種情報、ウイルスチェック結果、ライセンス情報、セキュリティUSBメモリのファイル操作履歴(コピー、削除等)などです。
さらに、レポート機能も充実しています。日単位での総ウイルス検知数、ウイルス検知数が多い対象デバイスリスト(トップ5)、ウイルス検知数が多いPC等の端末リスト(トップ5)といった、ウイルス対策に重要な多数のレポートを取得できます。また、使用回数が少ない対象デバイスリスト、ファイル操作回数が多い対象デバイスリスト、ライセンスが切れる1ヶ月前の対象デバイスリスト、対象デバイスの棚卸しといった、対象デバイスの各種レポートも取得できます。
このほか、指定したセキュリティUSBメモリの使用を管理者が遠隔操作で禁止することができる「遠隔使用停止」機能や、対象デバイスからウイルスを検知したログが届くと、指定のアドレス宛てに自動的にアラートメールを配信する「ウイルス検知時のメール通知」機能などがあります。

対象デバイス

下記のハギワラソリューションズ製およびエレコム製のセキュリティUSBメモリおよびウイルスチェックツールでご使用いただけます。また、今後も他のハギワラソリューションズ製の製品を含めたエレコムグループの製品の対応追加も予定しております。

製品種別 製品名 製品型番※
セキュリティUSBメモリ USB3.0 McAfee版(管理者用ソフト対応モデル) HUD-PUVM3xxGM#
USB3.0 トレンドマイクロ版(管理者用ソフト対応モデル) MF-PUVT3xxGM#
USB3.0 Password Locker 4 HUD-PL3xxGM
ウイルスチェックツール ワクチンUSB2 ULD-VAU2#A
リトマスUSB2 HUD-MVDT#A

※「xx」は製品のメモリ容量を表します。「#」はライセンスおよびハードウェア保証期間の年数を表します。

機能一覧(サービス内容)

対象デバイスの状態管理
  • 対象デバイスを使用したPC等の端末の情報
  • 対象デバイスの情報
  • ウイルスチェック結果
  • ライセンス情報
  • セキュリティUSBメモリのファイル操作履歴(コピー、削除等)
レポート機能
  • 日単位での総ウイルス検知数 ・ウイルス検知数が多い対象デバイスリスト(トップ5)
  • ウイルス検知数が多いPC等の端末リスト(トップ5)
  • 使用回数が少ない対象デバイスリスト
  • ファイル操作回数が多い対象デバイスリスト
  • ライセンスが切れる1ヶ月前の対象デバイスリスト
  • 対象デバイスの棚卸し ほか
遠隔使用停止
  • 指定したセキュリティUSBメモリの使用を禁止
ウイルス検知時のメール通知機能
  • 対象デバイスからウイルスを検知したログが届くと、指定のアドレス宛てに自動的にアラートメールを配信

サービスイメージ

全体構成

全体構成

画面イメージ

画面イメージ

※2017年7月時点の画面です

製品価格

製品内容 製品型番 予定価格(税抜)
クラウド型INFO BANKER アカウント作成費 HUD-IFC1A ¥30,000
クラウド型INFO BANKER 年間サポート ※ HUD-IFC1S ¥100,000
クラウド型INFO BANKER
年間デバイスライセンス
セキュリティUSBメモリ用 10ライセンス HUD-IFC0010LS ¥24,000
50ライセンス HUD-IFC0050LS ¥120,000
100ライセンス HUD-IFC100LS ¥240,000
ワクチンUSB2/リトマスUSB2用 10ライセンス HUD-IFC0010LV ¥60,000
50ライセンス HUD-IFC0050LV ¥300,000
100ライセンス HUD-IFC0100LV ¥600,000

※「クラウド型INFO BANKER 年間サポート」は、初年度より必要となります。

スケジュール

2017年7月10日 評価版開始。
2017年8月中旬以降 正式サービス開始予定

ハギワラソリューションズ株式会社はエレコム株式会社のグループ会社です。
このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る