2015.05.28

<更新のお知らせ> 2015.07.02  

2015年5月28日に公開いたしました本リリースにおいて、
記載内容の一部に誤りがありました。 下記のように訂正させていただきます。

【更新前】

HUD-CH200LU2

【更新後】

ULD-CH200LU2

なお、変更箇所は赤字で記載しております。

新たなオプションソフトウェアにも対応したリトマスUSBの後継機
「リトマスUSB2」を発売

ハギワラソリューションズ株式会社(本社:名古屋市中区、取締役社長:葉田順治)は、オフライン端末向けウイルスチェックツール「リトマスUSB」の後継品「リトマスUSB2」の出荷を2015年5月28日より開始いたします。

製品概要

「リトマスUSB2」は、インターネットに接続しておらず、ウイルス定義ファイルの更新が困難な端末や、ウイルス対策ソフトウェアのインストールが困難な端末をターゲットにしたウイルスチェックツール「リトマスUSB」の後継機です。
ウイルススキャンエンジンをマカフィー社製に変更し、新たなオプションソフトウェアにも対応。ウイルスチェック時に製品本体にウイルスが感染するリスクの対策などの特長的な機能を含め、リトマスUSBの基本機能を踏襲しつつ、新たなニーズにもお応えできる新製品となっております。

製品ラインナップは、ウイルス監視ソフトウェアのライセンス期間に応じて1年モデル、3年モデル、5年モデルをラインナップ。
各モデル1本からの購入ができ、ハードウェア保証もライセンス期間終了まで延長されますので、導入が容易で長期にわたり安心してお使いいただけます。
また、ライセンス期間終了後は「ライセンス1年延長パック」を別途ご購入いただくことでライセンス延長ができますが、この「ライセンス1年延長パック」は、従来のウイルス監視ソフトウェアのライセンス期間のみ延長だけでなく、ライセンス更新後も安心してお使いいただけるハードウェア保証期間もあわせて延長されます(*1)。

(*1)ライセンス期間は最長で5年間となっており、5年を超えるライセンス延長はできません。

リトマスUSB2用については”こちら”を御覧ください。(2015年6月公開予定)

基本機能

  • ● インストールレスでオフライン端末のウイルスチェックが可能
  • ● ウイルスチェック機能にはマカフィー社製ウイルススキャンエンジンを採用
  • ● 対象端末に接続するだけでウイルススキャンが自動実行 <特許技術> (*1)
  • ● ウイルススキャン結果を製品本体に搭載したLEDで通知
  • ● ウイルスの自己感染対策
  • ● ウイルススキャン結果等のログファイル出力
  • ● ウイルス定義ファイルの更新はインターネットに接続されたPCから可能
  • ● マカフィー社製ウイルス対策ソフト「McAFee VirusScan Enterprise」がインストールされたPCからの
      ウイルス定義ファイル取得に対応(*2)
  • ● 管理PC設定 (*3)
  • ● 各種オプションソフトに対応

(*1) 対象端末においてCD-ROMの自動実行(オートラン)が有効になっており、
   リトマスUSB2の設定が自動スキャン開始となっている場合。
(*2) リトマスUSB2のライセンス期間内に限ります。
(*3) 管理PCにリトマスUSB2を接続したときだけ設定変更を許可したり、
   管理PCにリトマスUSB2を接続するとログファイルを管理PCに自動で取り込むことが可能です。

対応オプションソフトウェア

●リトマスUSB2用DatCharger <新製品>

USBハブを経由して接続した最大8台までのリトマスUSB2のウイルス定義ファイルを、指定した時間に自動的に更新するソフトウェアです。
日中に使用したリトマスUSB2を、本ソフトウェアをインストールしたPCに接続しておけば、翌日には最新のウイルス定義ファイルに自動的に更新されている、といった運用を可能にします。
また、定義ファイル更新結果はログとして保存され、「Info Banker」との連動も可能です。

リトマスUSB2用DatChargerの詳細については”こちら”を御覧ください。

●Info Banker(インフォバンカー)

リトマスUSB2のログファイルを集中管理するサーバー用ソフトウェアです。
本ソフトウェアをインストールしたサーバーのIPアドレスをリトマスUSB2に設定することで、ウイルス定義ファイル更新時に自動的にログファイルを「Info Banker」に送ります。
送られてきたログファイルはデータベース化され、リトマスUSB2の運用状況を確認して管理することができ、さらにウイルスを検知したログが送られてくると、指定されたメールアドレス宛てにアラートメールを自動送信する機能も搭載しています。
また、オフライン端末のウイルス対策において、同時利用が効果的な弊社のウイルス対策機能付きUSBメモリにも対応しています。

InfoBankerの詳細については”こちら”を御覧ください。

仕様

リトマスUSB2
USBインターフェース USB1.1(Full Speed)/USB 2.0(High Speed/Full Speed)
動作環境
(*1)
USBインターフェースを標準搭載したDOS/V機器
物理空きメモリ-容量512MB以上(推奨1GB以上)
ページキャッシュがONであること(推奨)
CD-ROMドライブが認識されること(推奨)
CD-ROMドライブによるオートラン実行がされること(推奨)
対応OS
(*2)
Windows XP(SP2/SP3)
Windows VISTA(SP2)
Windows 7(SP0/SP1)
Windows 8
Windows 8.1
Windows Server 2003(SP2)
Windows Server 2003 R2(SP2)
Windows Server 2008(SP2)
Windows Server 2008 R2 (SP1)
Windows Server 2012
Windows XP Enbedded(SP2)
Windows Enbedded Standard 7
Windows Enbedded POSReady 7
対応ユーザーアカウント
(*3)
コンピュータの管理者(Administrator)
制限ユーザー
対応画面サイズ 640x480以上
(800x600以下のサイズの場合、一部画面がサイズに適した画面へ切り替わります。)
動作電圧 5V±5%
消費電流 スキャン時:最大220mA / 待機時:最大140mA
動作温度 0~50℃
外形寸法 全長79.0mm×幅18.0mm×高さ9.4mm (キャップ含む)
重量 11g

(*1) 拡張ボードで増設したUSB インターフェースには対応していません。
USB Mass Storage Class ドライバ、HID Class ドライバ、CD-ROM ドライバがあらかじめ組み込まれている必要があります。
オートランによるアプリケーション起動を行うには、OS 側でオートラン実行が有効となっている必要があります。
ウイルス定義ファイルサイズの増加に伴い動作に必要なメモリ容量も変化(増加)していきます。

(*2) 権限昇格ダイアログ画面が表示されることがあります。無効にした場合、
システムフォルダ内で検知したウイルスを削除できなくなります。
64bit OS上では32bit互換モードで動作します。
Vista以降の64bit OSでは、Windows\Syatem32へのアクセスは、Windows\SysWOW64にリダイレクトされます。
Embedded OSはUSB関連、ドライブ関連、ネットワーク関連、アプリケーションAPI関連のコンポーネントが組み込まれている必要があります(フルコンポーネント状態/弊社環境下で動作確認をした結果として対応OSとして記載しております)。
英語表示にも対応しておりますが表示にはOSにMulti Language Packがインストールされている必要があります。
Windows Server 2008 R2ではプロセススキャン機能は動作しません。
Windows XP のサポートは2017 年末までの予定です。

(*3) 制限ユーザー環境では、OSの制限によりアクセス制限がかけられているため、
下記のフォルダ以外で検知したウイルスは削除できません。
Documents and Setting\ログインユーザー名\以下のフォルダ

リトマスUSB2 DatCharger
動作環境 Pentium4 1GHz以上のCPUを搭載したPC
USBインターフェースを搭載したPC
メモリ1GB以上搭載したPC
リトマスUSB2の定義ファイルをアップデートできる環境であること
対応OS Windows 7(SP1)日本語版
対応ユーザーアカウント コンピュータの管理者(Administrator)
Info Banker (インフォバンカー)
動作環境 2GHz以上のCPUを搭載したPC
メモリ1GB以上搭載したPC
HDD空き容量2GB以上(ログの量によります)
対応OS Windows Server 2008 (SP2)
Windows Server 2008 R2 (SP1)
対応ユーザーアカウント コンピュータの管理者(Administrator)
必須WEBサーバー IIS (Internet Information Server)
必須DBサーバー PostgreSQL 9.0
必須Net-Framework .NetFramework3.5
ログ送信使用ポート ポート:46255

製品ラインナップ

リトマスUSB2
ライセンス期間 製品型番 標準価格(税抜)
1年 HUD-MVDT1A \28,800
3年 HUD-MVDT3A \80,400
5年 HUD-MVDT5A \132,000
リトマスUSB2 オプション製品
製品名 製品型番 標準価格(税抜)
ライセンス延長パック(1年) HUD-MVDT1YLA \25,800
リトマスUSB2 Dat Charger ULD-CH200LU2 \120,000
Info Banker (インフォバンカー)
ライセンス期間 製品型番 標準価格(税抜)
Info Banker HUD-IF100H \200,000
Info Banker 年間サポートライセンス HUD-IF100H1S \30,000
Info Banker
年間デバイス
ライセンス
(リトマスUSB2用)
10ライセンス HUD-IFH0010LL2 \100,000
50ライセンス HUD-IFH0050LL2 \460,000
100ライセンス HUD-IFH0100LL2 \840,000

* Info Banker年間サポートライセンスは初年度から必要となります。
* ライセンス開始は毎月1日からとなります。
* デバイスライセンスは管理するデバイスの本数分以上のご購入が必要です。

備考

「リトマスUSB」のソフトウェアを「リトマスUSB2」のソフトウェアに移行するソフトウェアもご用意しています。

詳細は下記のダウンロードページをご参照ください。
http://www.hagisol.co.jp/download/litmus2/20150528-2/

* ソフトウェアを移行することでライセンス情報もクリアされます。
ソフトウェアを移行後、「リトマスUSB2」を使用する場合には、「リトマスUSB2」のライセンス延長
パックのご購入が必要です。

ハギワラソリューションズ株式会社はエレコム株式会社のグループ会社です。
このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る

  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ