2014.08.26

シリーズ発売から10年で採用実績800社以上(※1)
USBメモリ「UDRW」第5世代を発売

ハギワラソリューションズ株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:葉田順治)は、今年でシリーズ販売開始から10年目を迎え、800社以上で採用実績のあるUSBメモリ「UDRW」の第5世代の製品となる「UDRW G5」を発売。(※1) 2014年9月1日より順次出荷を開始いたします。
(※1 株式会社ハギワラシスコムでの発売を含む、シリーズ累計販売実績。)


特長

USBメモリなのにCD-ROMドライブ。
改ざん禁止、ソフトウェアの自動実行、OSブートができます。

本製品は「CD-ROM領域」を持つ特殊なUSBメモリです。CD-ROM領域はOSからCD-ROMとして認識されるため、書き込みができません。
また物理的なCD-ROM同様オートラン機能を利用できるので、利用ユーザ様のITリテラシーを問わず、USBメモリを挿すだけで自動的にインストーラーやアップデータなどのプログラムが動き出す製品を作成可能です。
本世代から全領域が「CD-ROM領域」のみのラインナップを追加しました。この構成により、前世代よりブート率が向上していますので、LinuxOS等を入れ、ブートデバイスとしてご利用されるお客様は本ラインナップをご利用ください。
ブードデバイス以外にもCD-ROMの特性を活かしデータの改ざんや誤消去はもとより、ウイルスなど不正なソフトが入り込む余地をなくすことができます。
また近年小型のモバイルPCではCD-ROMドライブを搭載していないモデルも増えております。
そのような端末でもUSBポートさえあれば、CD-ROMドライブを接続する必要もなく、物理的なCD-ROMの代替えメディアとして利用できます。

USBメモリにユーザには見えない領域があります。
ユーザには見せたくない認証キー、ログなどを保存できます。

本製品は「秘匿領域」という領域を持っています。秘匿領域はユーザから見えない、OSから認識されない領域です。ライセンス情報や固有のID、ログなどを保管しておくことにより、リスクを回避しながら特定のネットワークやアプリケーション、Webサイトにアクセスするための認証用デバイスとして利用ができます。

USB3.0に対応。
大容量データを高速転送可能に。

本世代から高速データ転送を可能にする「USB3.0」に対応しました。「USB3.0」は、USB2.0の最大転送速度480Mbps(High Speed:理論値)の10倍以上という「最大5Gbps」(Super Speed:理論値)の高速データ転送を実現するUSBの最新規格です。
USB3.0対応のパソコンと接続した場合には、大容量のデータも高速で転送することができるので、本世代では最大32GBのまでのモデルを用意しております。
※ 高速データ転送を行なうためには、パソコン側がUSB3.0に対応している必要があります。

自動的にメモリ内のデータを暗号化し、お客様のデータを守ります。

本世代からUSBメモリに保存されたデータを、自動かつ強制的に「AES256bit」で暗号化して保護する高セキュリティ機能を搭載しています。
メモリ領域/秘匿領域にパスワードロックを掛ければ、パスワードが分からず、本体を分解して直接データを取り出そうとしても、暗号を解読しない限り、内容を閲覧することはできません。
これなら万一、紛失や盗難にあっても個人情報や大切なデータが漏えいする心配がほとんどなく、大切なデータを安心して持ち歩くことができます。
また暗号化機能を使用し高速データ消去も可能です。
USBメモリはデータを消去したと思っても、実はデータが残っており、復旧ツール等で簡単にデータ復旧できてしまいます。
また、データの復旧を防ぐため、データを全て上書きするという方法で消去する場合、長い消去時間が必要となります。本製品では暗号化キーを変更することにより、データを高速かつ安全に破壊することが可能です。

書き換え寿命の長いMLC NANDフラッシュを搭載。

民生品USBメモリで主流となっているTLCタイプのNANDフラッシュメモリに比べ、データの信頼性が高く書き換え寿命の長いMLCタイプを搭載。TLCタイプに比べ数倍の書き換え耐性があります。

多彩なOSに対応したSDKをご用意。
Windows/MacOSX/Linux用ソフトウェア開発キット。

本製品はUSBメモリを制御するソフトウェア開発キット(SDK)を用意しております。開発キットを使用し、USBメモリの秘匿領域へアクセスしたり、CD-ROM領域へデータを書いたりすることができます。
本世代よりWindowsOSに加え、MacOSX用とLinux用のソフトウェア開発キットもご用意しましたので、MacOSX、Linux向け製品にもご使用頂けます。
※ MacOSX用とLinux用のソフトウェア開発キットは、UDRWG5のブートCDモデルとCDモデルにのみ対応しています。

ラインナップ

■ USBメモリ
UDRW G5 ブートCDモデル
型番 メモリ容量 仕様 出荷開始日 価格
UDG5-4GAUCJ 4GB CD-ROMのみ(1ドライブ)・ブート対応 9月1日 OPEN価格
UDG5-8GAUCJ 8GB CD-ROMのみ(1ドライブ)・ブート対応 10月予定 OPEN価格
UDG5-16GAUCJ 16GB CD-ROMのみ(1ドライブ)・ブート対応 10月予定 OPEN価格
UDG5-32GAUCJ 32GB CD-ROMのみ(1ドライブ)・ブート対応 10月予定 OPEN価格
UDRW G5 CDモデル
型番 メモリ容量 仕様 出荷開始日 価格
UDG5-4GAUCHJ 4GB CD-ROMのみ(1ドライブ) 9月1日 OPEN価格
UDG5-8GAUCHJ 8GB CD-ROMのみ(1ドライブ) 10月予定 OPEN価格
UDG5-16GAUCHJ 16GB CD-ROMのみ(1ドライブ) 10月予定 OPEN価格
UDG5-32GAUCHJ 32GB CD-ROMのみ(1ドライブ) 10月予定 OPEN価格
UDRW G5 CD+メモリモデル
型番 メモリ容量 仕様 出荷開始日 価格
UDG5-4GAUCRHJ 4GB CD-ROM+リムーバブル(2ドライブ) 9月1日 OPEN価格
UDG5-8GAUCRHJ 8GB CD-ROM+リムーバブル(2ドライブ) 10月予定 OPEN価格
UDG5-16GAUCRHJ 16GB CD-ROM+リムーバブル(2ドライブ) 10月予定 OPEN価格
UDG5-32GAUCRHJ 32GB CD-ROM+リムーバブル(2ドライブ) 10月予定 OPEN価格
■ ソフトウェア開発キット(SDK)
製品名 型番※ 仕様 出荷開始日 価格
UDRW G5 SDK Windows UDK5A-**** ソフトウェア開発キット・Windows用 9月1日 OPEN価格
UDRW G5 SDK MacOSX UDK5AM-**** ソフトウェア開発キット・MacOSX用 9月1日 OPEN価格
UDRW G5 SDK Linux UDK5AL-**** ソフトウェア開発キット・Linux用 9月1日 OPEN価格

※:****にはお客様番号が入ります。

※:MacOSX用、Linux用ソフトウェア開発キットは、UDRWG5のブートCDモデルとCDモデルにのみ対応しています。

関連ページ

UDRW G5ページ

ハギワラソリューションズ株式会社はエレコム株式会社のグループ会社です。
このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る

  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ