2012.11.13

産業機器・組込み分野におけるHDD置換え需要向け
信頼性を10倍に引き上げた
「Q-MLC(Quality-MLC)」NANDフラッシュメモリ搭載
SSD(Solid State Drive)を発売

ハギワラソリューションズ株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:葉田順治)は、産業機器分野で使用されるシステムに組み込むために「MLC NANDフラッシュメモリ」の信頼性を10倍に高め、コストパフォーマンスと信頼性を両立させたフラッシュストレージ製品(BLUEシリーズ)の販売を2012年12月中旬より開始いたします。

本製品は、これまでデジタルカメラのメモリーカードやスマートフォンのデータ保存用に使われているMLC NANDフラッシュメモリ(*1)を、独自の制御技術により産業用フラッシュストレージに適した耐久性を備えたデータ記憶媒体です。HDDからそのまま置き換えが可能な2.5inchサイズから、組み込みに適した省スペースのHalfSlimSATA※1、mSATA※2、CFast™※3の4種類をラインナップします。

さらにキャッシュ用メモリを搭載しない独自の設計により、急激な速度低下や、定期的なガーベッジコレクションの必要性を気にする必要がありませんので、組み込んだ機器において安定した動作性能を得ることが可能です。

2.5inch、HalfSlimSATA※1、mSATA※2、CFast™※3の4種類の形状のラインナップには、それぞれ用途に合わせてお選びいただくことが可能な3つのシリーズ、REDシリーズ、BLUEシリーズ、GREENシリーズを揃えています。

   
REDシリーズ   BLUEシリーズ   GREENシリーズ

■特長

近年NANDフラッシュメモリを使ったフラッシュストレージ製品(SSD:Solid State Drive)は, 様々な分野で使われ始め、産業機器、組込み市場においても、使い方が多様化してきています。
当社ではお客様の使用方法を3つに分類し、用途に合わせて製品をお選びいただくことが可能です。 これらのシリーズは、産業機器、組込みシステムのデータ記憶媒体をHDDからSSDに置換えるために最適な製品です。

①屋外で24時間365日連続稼働において高信頼性を要求されるシステム用=REDシリーズ
高信頼性SLC(Single Level Cell) NANDを搭載し、長期の連続可能を実現しています。長期供給と同時に長期間の使用でも高い信頼性を維持します。

②連続稼働時において、高速で安定した速度性能が要求されるシステム用=BLUEシリーズ
MLC(Multi Level Cell)NANDを独自の制御機能で書換え寿命を10倍向上させた「Q-MLC(Quality-MLC)」を搭載し、高速な読み出し・書込み速度を実現しています。コストバリューと信頼性を両立させたモデルです。

③一般的な使用環境において、データの読み出しをメインに行うシステム用=GREENシリーズ
MLC NANDを搭載し、高速な読み出し速度と大容量を実現しています。頻繁な読み出しを行うシステムにおいてもリフレッシュ機能により、データの信頼性を維持します。

[HDDからSSDに置き換えるメリット]

メリット①:寿命が分かります
機械部品が無いため、部品の摩耗による突然の故障がほぼゼロです。NANDフラッシュメモリが持つ書換え耐性を使用時間、使用方法に応じて寿命を“見える化”し、故障が発生する前にディスクを交換することによりシステムの停止を未然防ぐことが可能です。

寿命通知・診断ソフトウェア「LiveMonitor」(全モデル対応)

メリット②:熱や振動に強くなります
HDDは、移動するシステム(車載)の高温の環境や外部からの振動(同じシステム内に組み込まれた動力源からの振動)に共振して、ヘッドの駆動部など機械部品が故障する場合があります。 SSDは駆動部が無いため、外部からの影響を受けません。

メリット③:システムの起動時間が速くなります
SSDはHDDのようなヘッドのシーク時間が無いため、ランダム(小さいファイルがメモリ領域に散らばって書き込まれている状態)に書き込まれたデータの読み出し速度が速く、システムの起動時間が約1.5倍速くなります。

■基本機能

MLC NANDの特性を考慮した制御機能により、長期間の使用でも安定した動作を実現します。

[スタティックウェアレベリング]
特定領域(ブロック)へのアクセスの集中を防ぎ、メモリ領域に均一にデータを書き込むことによって書換え寿命を向上します。

[リフレッシュ機能]
特定領域(ブロック)のデータのリードを繰り返すことによりデータ保持力が低下しても、データ化けが起こる前に自動で別のブロックにデータを移し、ミスコンペアを防ぎます。

[パワーロスガード機能(電源断対策機能)]
ホストより電源断通知信号を受け取ることにより、突然の電源断が発生してもメモリへのアクセスを停止し、電源遮断に備えます。デバイスの破損を防ぎ、データの損失を最小限に抑える機能です。

[ランダマイザ機能]
NANDメモリにデータを書き込む際に同じ領域(ブロック)へのアクセスの集中を防ぐために複数の書込みデータパターンを用いて書込みを行い、メモリ領域へのアクセスを分散することにより、書換え寿命を向上します。

[リードリトライ機能]
メモリのデータ保持力が低下しても、リード時に繰り返しアクセスすることにより正しいデータを読み出します。

[リライアブル機能(BLUEシリーズのみ)]
本機能によりMLC NANDの信頼性を10 倍向上させた「Q-MLC(Quality MLC)」を実現しています。本製品に搭載されているコントローラが持つ独自の制御技術によりMLC NANDフラッシュメモリの書換え回数、データ保持力の特性をカバーしています。

※1:JDEC MO-297 Standard規格に準拠した形状です。
※2:JDEC MO-300 Standard規格に準拠した形状です。
※3:CFast™とは、当社の企画・立案によって、コンパクトフラッシュ(CF)の規格団体である
Compact Flash Association (CFA)により、正式に規格化されたSATAインターフェイスの小型ストレージ規格です。
http://compactflash.org/product-types/cfast-cards/

■主な用途

Windows Linuxなどのオペレーティングシステム(OS)やアプリケーションソフトウェア格納用

■アプリケーション例

  1. NC工作機械、シーケンサ、PLC、パネルコンピュータ、タッチパネルシステム
  2. 組込みCPUボードなどのFAPC
  3. デジタルサイネージ、電子POP
  4. 通信基地局、放送設備などの社会インフラ設備全般
  5. 自動改札機、自動券売機、自動販売機全般
  6. カーナビゲーション、ドライブレコーダー、デジタルタコグラフ、車載機器全般
  7. 船舶用レーダー、海図表示装置、魚群探知機
  8. POS端末、コンビニ/キヨスク端末、ATMなどの金融端末
  9. 多機能プリンタ(MFP)、業務用プロジェクタ、電話会議システム、FAXなどのOA機器全般
  10. 医療機器、電子カルテシステム、画像診断装置、環境測定機器全般
  11. 生体認証システム、入退室管理システム、監視カメラなどのセキュリティ端末全般
このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る

  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ