2012.08.21

セキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリ
ソフトウェアアップデートのご案内

下記の通り、セキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリのソフトウェアアップデートを開始いたしましたのでご案内申し上げます。

■対象製品

◆ウイルススキャンエンジン搭載モデル

   
マカフィーエディション
PUVMAシリーズ
PUVMMシリーズ
(製品型番:HUD-PUVM**GA#)
(製品型番:HUD-PUVM**GA#)

   
シマンテックエディション
PUVSAシリーズ
PUVSMシリーズ
(製品型番:HUD-PUVS**GA#)
(製品型番:HUD-PUVS**GA#)

◆情報漏洩対策モデル

 
Password Locker 3(製品型番:HUD-PL**GM)
**:メモリ容量(02/04/08/16/32)2GB~32GB
# :ライセンス年数(1/3/5)1年、3年、5年の3種類のライセンス設定

■アップデート内容

◆ウイルススキャンエンジン搭載モデル

マカフィーエディション

- 英語表示対応 (日本語以外OSで使用した場合、自動的に英語表示へ切り替わります)
- ログ保存場所をリムーバブルディスク領域からOSで認識されない秘匿領域に変更
- ログ保存場所変更にともないログ閲覧機能の追加
- Autorun.infファイル対策をAutorun.infファイルを定期的に削除する方式に変更
- SecurityUSB Manager ver2.0対応(*1)
- SKYSEA Client View HS連携に対応(*1)(*2)
- その他、バグ修正

*1:PUVMMシリーズ[型番:HUD-PUVM**GM#]のみのアップデート内容となります。
*2:本連携機能をご使用いただくには、別途ライセンスの購入が必要となります。

シマンテックエディション

- 英語表示対応 (日本語以外OSで使用した場合、自動的に英語表示へ切り替わります)
- ログ保存場所をリムーバブルディスク領域からOSで認識されない秘匿領域に変更
- ログ保存場所変更にともないログ閲覧機能の追加
- Autorun.infファイル対策をAutorun.infファイルを定期的に削除する方式に変更
- SecurityUSB Manager ver2.0対応(*1)
- SKYSEA Client View HS連携に対応(*1)(*2)
- その他、バグ修正

*1:PUVSMシリーズ[型番:HUD-PUVS**GM#]のみのアップデート内容となります。
*2:本連携機能をご使用いただくには、別途ライセンスの購入が必要となります。

◆情報漏洩対策モデル

Password Locker 3(製品型番:HUD-PL**GM)

- 英語表示対応 (日本語以外OSで使用した場合、自動的に英語表示へ切り替わります)
- Autorun.infファイル対策をAutorun.infファイルを定期的に削除する方式に変更
- SecurityUSB Manager ver2.0対応
- SKYSEA Client View HS連携に対応(*1)
- その他、バグ修正

*1:本連携機能をご使用いただくには、別途ライセンスの購入が必要となります。


■アップデート方法

対象製品を、インターネットに接続できるパソコンに接続して起動すると、自動で下記のソフトウェア アップデート画面が表示されます。この画面で[ダウンロード]をクリックするとソフトウェアのアップ デートが開始されます。

・後で決める     : 一旦ソフトウェアのアップデートをしない場合に選択してください。
            次回、対象製品を起動すると、再びソフトウェアアップデート画面が表示されます。
・アップデートを省略 : 次回の新しいソフトウェアアップデートが公開されるまで、ソフトウェアアップデート画面は
            表示されなくなります。

※パスワード入力画面の「ツール」メニューからもソフトウェアアップデートが可能です。詳しくは対象製品の取扱説明書をご参照ください。

このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る

  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ