2012.08.23

セキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリのセキュリティ管理者用ソフトウェア
情報漏洩対策機能を中心とした大幅な機能拡張でバージョンアップ!
「セキュリティUSBマネージャー Ver.2」発売

ハギワラソリューションズ株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:葉田順治)は、安心と豊富なラインナップで好評販売中のセキュリティ機能付きUSBメモリシリーズのセキュリティ管理者向けソフトウェア「セキュリティUSBマネージャー」の機能を大幅に拡張したバージョンアップ版「セキュリティUSBマネージャー Ver.2(製品型番:HUD-SUMA)」の発売を開始いたします。


■概要

「セキュリティUSBマネージャー」は、情報漏洩対策機能やウイルスチェック機能を搭載したセキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリの設定を、導入企業様のセキュリティポリシーに合わせてカスタマイズすることができる管理者用のソフトウェアです。

今回のバージョンアップにより、特定のパソコン以外ではデータをパソコンに保存することを制限するコピーガード機能を中心に、セキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリに使用制限を付加する機能を大幅に拡張。情報漏洩対策の強化を実現しています。

さらに、運用管理をサポートする機能も充実させており、セキュリティ管理者が安心してお使いいただけるセキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリソリューションとなっております。

デバイスポリシー設定ソフトウェア
「SecurityUSB Manager」

■追加機能

・パスワードポリシー設定

パスワードの有効期限(1日から最長365日)が過ぎると登録パスワードの変更が必要になる設定や同一パスワードの再設定防止、24時間以内のパスワード変更許可回数の設定などが可能です。 さらに、規定回数以上パスワード認証が失敗した場合の動作設定として、強制的にセキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリを初期化する機能も追加されています。

 <ポイント> パスワードロック無効設定

入力装置や表示装置が接続されていない(パスワード入力ができない)特殊用途の端末との間で安全にデータ授受を行うための設定で、パスワード入力の必要なくデータ保存領域にアクセスできます。さらに、特殊用途の端末においてCD-ROMのオートラン機能が有効になっていれば、ウイルスチェック機能も自動で起動します。


・コピーガード機能

自宅のパソコンなど、特定パソコン以外にはデータを保存することを制限する機能で、すべての作業はセキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリ内だけに完結します。
また、特定パソコン以外での印刷やインターネットアクセス、スクリーンキャプチャ、クリップボード、ネットワーク共有フォルダアクセスも禁止することができ、さらに、ファイル操作や印刷などのログデータも取得する機能を搭載しています。

 <ポイント> 監査機能

パソコンのウイルス対策状況を最初にチェックし、対策がなされていない場合はセキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリの使用を禁止したり警告を表示したりすることができます。

※コピーガード機能の追加にともない、「セキュリティUSBマネージャー Ver.2」は、デバイスの設定を変更する「SecurityUSB Manager」とコピーガード機能の各種設定を行うための「IC Manager」の2つのソフトウェアで構成されています。


コピーガード機能設定ソフトウェア
「IC Manager For Device」


・ウイルスチェック機能設定

検知されたウイルスを削除しない設定(デジタルフォレンジック用途)やライセンス更新案内の非表示設定などが可能です。

・使用制限設定

使用可能な日数の設定や使用できるOSの設定、ログデータの操作を制限する設定が可能です。

・デバイス設定

データ保存領域のサイズ変更や、CD-ROM領域やデータ保存領域にあらかじめ指定データを書き込むことができます。さらにパスワードロック解除後にCD-ROM領域のファイルを自動的に実行する設定も可能です。
また、セキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリのボリュームラベルやプロダクトIDの変更ができることにより、デバイス制御ソフトウェアなどとのソリューション連携が可能になります。



■ラインナップの統合

セキュリティ機能付きUSBメモリのモデル別にラインナップしていた「セキュリティUSBマネージャー」を、今回のバージョンアップにより統合いたしました。
  Ver.1(現行品)
ウイルススキャンエンジン搭載モデル マカフィー エディション HUD-PUMMA
シマンテック エディション HUD-PUMSA
情報漏洩対策モデル Password Locker 3 HUD-PUMPA
Ver.2
HUD-SUMA

※ Ver.1をご使用中のお客様におかれましては、Ver.2に無償アップデートさせていただきます。セキュリティUSBマネージャーの[ファイル(F)]メニューから「製品アップデート」をクリックすることで アップデートが可能となります(インターネットに接続できる環境が必要です)。
※ コピーガード機能の設定ソフトウェア「IC Manager」の起動にはライセンスIDとライセンスコードが必要とな ります。Ver.1からバージョンアップされた場合は、下記メールアドレス宛にライセンスIDとライセンスコー ドが記載されたライセンス証書発行の依頼メールを送信いただけますよう、お願いいたします(詳細はアップ デート完了後に開く画面にてご確認ください)。

メール送信先:vsolsupport@hscjpn.co.jp



■製品情報

製品名 製品型番 定価(税抜)
セキュリティUSBマネージャー Ver.2 HUD-SUMA \ 42,000

■製品仕様

動作環境
*1,*2
USBインターフェース(USB2.0必須)を搭載したDOS/V機器
Pentium4 1.4GB以上のCPU
物理空きメモリ容量512MB以上
ハードディスク空き容量500MB
対応OS Windows XP with SP3(32bitモデルに限ります)
Windows Vista with SP2
Windows 7 with SP1
対応ユーザーアカウント *3 コンピュータの管理者(Administrator)

*1 拡張ボードで増設したUSBインターフェースには対応していません。
*2 USB Mass Storage Classドライバ、HD Class ドライバ、CD-ROMドライバがあらかじめ組み込まれている必要 があります。
*3 制限ユーザーには対応しておりません。

このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る

  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ