2016.03.22

リトマスUSBソフトウェアアップデートのお願い

お客様各位

リトマスUSBをご愛用頂き、誠にありがとうございます。
リトマスUSB(ソフトウェアバージョン:2.03以前)において、ウイルス定義ファイルのファイル容量肥大化により、リトマスUSBの空きメモリ容量が不足し、ウイルス定義ファイルのダウンロードが今後できなくなる可能性があることが確認されました。
先般より、本問題を回避するためのソフトウェアアップデートのご案内をしておりますが、

アップデートを実施されていない場合、2016年5月頃にウイルス定義ファイルのダウンロードができなくなる可能性が高い為


 早急にご対応いただけます様、お願いいたします。

お客様にはお手数をおかけすることを深くお詫び申し上げます。
何卒ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。


■ 対象製品

リトマスUSB  1年/ 3年/ 5年ライセンスモデル

モデル名 型番
リトマスUSB 1年ライセンスモデル HUD-SVDT1A
リトマスUSB 3年ライセンスモデル HUD-SVDT3A
リトマスUSB 5年ライセンスモデル HUD-SVDT5A

※リトマスUSB2には使用できません。

■ソフトウェアアップデート方法

弊社ホームページから初期化ツールをダウンロードしてアップデート

アップデート(初期化)ソフトのダウンロードならびに適用手順につきましては、以下リンクをご確認ください。

<ダウンロードURL>

http://www.hagisol.co.jp/udrw/web/LitmusUSB/InitialDevice/LitmusUSB_InitialDevice.html

ご注意:アップデート(初期化)を行なうとワクチンUSB内のログデータは消失します。 必要なログデータがある場合は、事前にハードディスク等にログデータをバックアップしてください。
Local Updaterをご使用の方は、Local Updaterもアップデートしていただく必要があります。
Local Updaterのダウンロードサイトは こちら

大変お手数をおかけしており申し訳ありませんが、ご対応の程よろしくお願いたします。

以上

このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る

  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ