2015.02.19

ワクチンUSB Windows2000サポート終了のご案内

ワクチンUSBをご愛用頂き、誠にありがとうございます。
この度、2015年3月31日をもちまして、マカフィー社製ウイルス対策エンジンを搭載した下記の製品におけるWindows2000でのご利用に関するサポートを終了させていただく運びとなりましたので、下記の通りお知らせいたします。


-記-

■対象製品

製品シリーズ名 製品型番
ワクチンUSB 日本語版 ULD-VA100MA
英語版 ULD-VA100MA-E
中国語版 ULD-VA100MA-SC
UNC版 ULD-VA200MA
ワクチンUSB2 1年ライセンスモデル ULD-VAU21A
3年ライセンスモデル ULD-VAU23A
5年ライセンスモデル ULD-VAU25A

■サポート終了日

2015年3月31日

■サポート終了理由

対象製品に搭載しておりますMcAfee Anti-Malware Engine 「ver.5600」のサポートが2015年3月31日をもって終了となります。それに伴いMcAfee Anti-Malware Engine のWindows2000のサポートも終了となることから、対象製品における弊社としてのWindows2000のサポートも終了とさせて頂きます。

なお、後継のMcAfee Anti-Malware Engine 「ver.5700」はWindows2000上では動作しない仕様となっております。ご了承願います。

製品(製品バージョン) McAfee Anti-Malware Engine
ワクチンUSB ワクチンUSB2 Ver.5600
ワクチンUSB2 Ver.270より前のバージョン Ver.5600
Ver.270 Ver.5700

※ワクチンUSB ver.270へのアップデートは、2015年2月19日より提供開始となります。
※ワクチンUSB2(ver.270より前のバージョン)のサポートは2015年3月31日をもってサポート終了となります。
※ワクチンUSBのサポートは2015年3月31日をもってサポート終了となります。
  ワクチンUSB2へのアップデートをお願い致します。アップデート方法は以下WEBサイトをご確認ください。

URL: http://www.hagisol.co.jp/download/vaccine/20140619/index.html

■ワクチンUSB2をWindows 2000 搭載端末でご利用のお客様へ

ワクチンUSB2(ver270)にはMcAfee Anti-Malware Engineを切り替える機能を搭載しております。Windows2000で利用になる場合は、本切り替え切り替え機能をご使用ください。

注意:McAfee Anti-Malware Engine 「ver.5600」設定時の弊社サポートは、マカフィー社のエンジンサポート終了日と同じく、2015年3月31日となりますので、ご注意ください。

<インターネット経由の自動アップデート>

1.PCへワクチンUSB2を接続してください。ウイルスキャンソフトが起動します。

※自動的にウイスルキャンソフトが起動しない場合、CD-ROM領域が認識しない環境で使用する場合は、マイコンピュータの[リムーバブルディスク]アイコンを開き、[StartUp.exe]アイコンをダブルクリックしてください。

2.起動画面が表示されます。[メイン(定義ファイル更新等)]ボタンを押してください。

3.メイン画面が表示されます。ツールバーから[ツール]→[設定]を選択してください。

4.設定画面が表示されます。タブ:エンジンを選択してください。

Windows2000で動作させる場合、[5600エンジンを使用する]を選択し、[保存]ボタンを押し、一度ワクチンUSBを終了してください。起動後にエンジンが切り替わります。

■現在使用しているエンジンバージョンの確認方法

[エンジンバージョン]
・5600エンジン使用時:5600.********* と表示されます。
・5700エンジン使用時:5700.********* と表示されます。

以上

このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る

  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ