ダウンロード

リトマスUSB対応Local Updater v430

『Local Updater 2017年8月公開版』

サイト更新日

2017年8月4日(金)

対象製品

リトマスUSB
製品型番:HUD-SVDT1A/HUD-SVDT3A/HUD-SVDT5A
リトマスUSB(販売終了済み)専用のソフトウエアです。
リトマスUSB2では使用できません。
リトマスUSB2につきましてはこちらをクリックしてください。

リトマスUSBver214以降にてご使用のお客様は本バージョンにアップデートしていただく必要があります。

本ソフトウェアの概要

本ソフトウェアは、社外ネットワークに接続されている社内サーバへウイルス定義ファイルをダウンロードし、社外ネットワークへ接続許可されていない社内PC へ接続したリトマスUSB へ定義ファイルを配布するための サーバソフトウェアです。

本ソフトウェアの動作環境

ソフトウェアの動作環境は以下になります。

動作環境 USB インターフェイス(USB2.0 必須)を搭載したDOS/V 機器
Pentium4 1.4GHz 以上のCPU
物理空きメモリ容量1GByte 以上
ハードディスク空き容量3GB 以上
対応OS Windows Server 2003 with SP2
Windows Server 2003 R2 with SP2
Windows Server 2008 with SP2
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
※日本語OS に限ります
対応ユーザアカウント コンピュータの管理者(Administrator)※制限ユーザには対応しておりません
対象デバイス リトマスUSB(型番:HUD-SVDTxx)

セットアップから運用までの流れ

下記よりソフトウェアをダウンロードします。

icn_down.gif リトマスUSB用LocalUpdater v430 2017年8月公開版(ファイルサイズ:約15MB)

ダウンロードしたZIP形式の圧縮ファイルを、右クリックして[すべて展開] から解凍いただくか、市販ソフトで解凍してください。

解凍後、「setup.exe」を実行してソフトウェアのインストールを行ってください。

Local Updaterのセットアップから運用までの流れは以下のとおりです。

※ 本ページの最下部よりLocal Updaterのマニュアルがダウンロードできます。


<セットアップ>
[管理者]
サーバPC へLocal Updaterのインストール
Local Updater をご使用のサーバPC へインストールして設定を行います

[管理者またはユーザ]
リトマスUSBにサーバPC 情報を設定する
リトマスUSB の設定画面からサーバPC 情報をデバイスへ設定します


<運用>
[ユーザ]
デバイスを運用する
デバイスを運用します
※運用にあたりユーザが特に特殊な処理を行う必要はありません。

[サーバ(管理者)]
ウイルス定義ファイルをダウンロード
Local Updaterが指定時刻にサーバからウイルス定義ファイルをダウンロードします。
※管理者が特に特殊な処理を行う必要はありません。


その他、ご使用方法や設定方法などは「リトマスUSB対応Local Updaterマニュアル」を参照してください。

icn_down.gif リトマスUSB対応Local Updaterマニュアル(PDFファイル)


※掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
※記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ